マインドフルネスは歯磨きでもできる。

マインドフルネスが注目されていますが、毎日の歯磨きでも行えます。

マインドフルネスとは、今現在の心と体に意識を向けることで、

リラックスしつつ集中も出来ている状態です。

スポーツ選手のゾーンに近いイメージでしょうか。

またよく瞑想から宗教的な要素を取り除いたものだと紹介されたりします。

マインドフルネスは世界中で注目されていて、
あのGoogleやFacebookなどの有名企業をはじめ、ビジネス界でその効果を取り入れています。

マインドフルネスの一番簡単なコツは、

今あなたが感じている五感に意識を集中することです。

つまり、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚のことですね。

例えば見えているものに集中して感じたり、

聞こえる音、肌の温度、周囲のニオイ、食べ物の味を感じたりすることだけでも良いのです。

あらゆる面で効果的だと言われているマインドフルネスですが、

日々継続するのは面倒です。

わざわざマインドフルネスのための時間を作るよりは、

できるなら日常生活の一部に組み込みたいところです。

そこで利用するのが、人間が毎日行っていること。

その一つが歯磨きなのです。

普通の人なら、毎日数回は歯磨きするはずですよね。

私の場合は、朝昼は3分ずつ。

夜はしっかり歯磨きするので、大体15分くらいかな。

この普段習慣で何気なく行っている歯磨きでも、

五感に意識を集中することで、マインドフルネスになってしまうのです。

歯磨きは洗面台の鏡の前で行いますよね。

歯ブラシがちゃんと歯に当たっているか、視覚で確認するはずです。

奥歯や内側、角度なども見ますよね。

そしてシャカシャカと音も聞こえます。

もちろん歯ブラシが口内で動く、歯を擦られる触覚も感じるはず。

そして歯磨き粉にはニオイがあるし、味も感じます。

これって五感の全てがが刺激されているわけです。

だからその内の一つに意識を集中するだけで、

マインドフルネスの状態になります。

慣れてきたら、集中する五感を一つずつ切り替えても良いでしょう。

最初は視覚から入り、聴覚、触覚、嗅覚、味覚と順に切り替えるわけです。

はじめは一つの感覚だけに集中してOK

もちろん、歯磨きじゃなくても良いのです。

食事でも良いのですが、話をしないといけない環境では集中できませんからね。

一人暮らしならできるかも。

このようにマインドフルネスを日常生活の一部に習慣として組み込むことで、

毎日ごく自然に実行できることが大事なんです。

既に身に付いている習慣に紐づけることで、

すぐにできるし、時間の節約にもなるし、長続きしますよ。

街中で、メモする用紙を簡単に手に入れる方法とは?

アイデアは、突然湧くものです。

そして思いついたアイデアは、すぐに忘れるものでもあります。

良いアイデアを忘れると、思い出せずに悔しいですよね。

だからメモすることが、とても重要です。

人はメモしないと、ほぼ忘れます。

アイデアに限らず、何事もメモしないと忘れます。

でも、いつもメモ帳やノートを持っているとは限りませんよね。

特に外出中は。

そこで便利なのが、お買い物の際にもらえる、レシート(明細・領収書)です。

スーパーやコンビニなどで、もらえますよね。

きっとあなたの財布の中にも、何枚かのレシートがあるはずです。

お店によっても違いますが、レシートの裏は、白紙になっていることが多いです。

だから要らないレシートは、メモ用紙に使えます。

私も、何かアイデアを思いついた時や、買い物リストなどを、
レシートに書き込み、財布の中に入れています。

そして家に帰ったら、もう不要になったレシートを、捨てます。

レシートは、ハサミで切りやすいサイズなので、
不要になった部分だけを、切って捨てることも可能です。

ではレシートが無い時は、どうするか?

わざわざ買い物をする必要はありません。

無い時は、電子マネーの端末で、レシートを入手できます。

お金をチャージした時に、レシートが印刷できますよね。

もしお金が無くても、例えばイオンなどで使えるWAONは、
過去の履歴を、レシートとして、長い紙に印刷してくれます。

これがメモ用紙として、とても便利です。

銀行のATMでもらえるレシートは、裏面が印刷されていることが多いですが、

ゆうちょ銀行のATM明細は、白紙なので、メモとして使えます。

ただし、ATMの機種によるかも知れませんが。

このように、街中ではメモ用紙を入手する方法が、いくらでもあります。

だから、ボールペンだけいつも持ち歩いていれば、メモで困ることはありません。

ゆるくなったズボンやパンツのゴムを、たった100円で直すには?

ズボンやパンツを長期間使っていると、ウエスト部分のゴムが伸びきって、ゆるゆるになり、ダメになることってありますよね?

ズボンやパンツ自体は、まだまだ使えるんだけど・・・

お気に入りでもあるので、捨てたくはないし・・・

そんな時は、100円のゴムと、安全ピンで、直すことができます。

まず、パンツに入れるゴムを購入します。

パンツのゴム

専用のゴムは、100円ショップで入手できます。
サイズもいろいろあるので、確認してから購入してください。

安全ピンは、家にあるものか、なければ誰かからもらってください。
普通は無料、タダで入手できると思います。

また安全ピンは、ウエスト部分の穴に通すので、小さめのほうが良いでしょう。


次にゴムに安全ピンを刺します。

パンツのゴム

これで準備完了です。

普通は専用の針のようなものがあるのでしょうけれど。

あとは安全ピンをたよりに、ウエスト部分の穴に、ゴムを通します。

パンツのゴム

ゴムを通すというよりは、安全ピンを通す感覚で進めます。

ゴムは縫い合わせる必要もありません。

適当な長さに切って、結ぶだけで大丈夫です。

洗濯していくうちに、ゴムが縮むかもしれないので、少し余裕をもって長さを調節したほうがよいかも。

たった100円で、お気に入りのズボンやパンツが復活するので、おすすめです。

あと数年は物(モノ)の寿命が伸びますよ。経済的だし。

スポンサードリンク



スポンサードリンク