ボランティア団体やNPO法人の資金集めに使える方法とは?

ボランティア団体NPO法人、社会起業の資金集めといえば、事業収入、企業からの寄付金、個人会員からの会費、補助金、助成金などが一般的です。

今回は、「他にも方法がないか?」考えてみました。

(1)クラウドファンディングを利用する
プロジェクトを多くの人が支援してくれるサイトがあります。

READYFOR?

社会的に意味のあるプロジェクトなら、けっこうお金が集まるみたいです。

似たような支援サイトは、他にもあります。

これらは、クラウドファンディングと言われているものです。

(2)アフィリエイトを利用する
アフィリエイトとは、商品を紹介することで、売れる(または成約する)と、報酬がもらえる仕組みです。

ボランティア活動を支える個人会員や、一般の人などに、
リンクを通じて買い物をしてもらうと、商品ごとに設定された報酬が入ります。

(3)電子マネーを利用する
これはちょっとハードルが高い方法です。

今では電子マネーでお買い物をする人が多いですよね。
イオンのWAONとか。

例えば沖縄では、首里城と提携したWAONカードがあり、
WAONカードで買い物をすると、その代金の0.5%が、首里城の復旧に使われます。

このカードは、全国どこでも使えます。
WAONカードが使える店舗なら、イオン以外でもOK。

たしかボランティアで使われる種類も、あったような気がします。
東日本大震災や、発展途上国など。

WAONカードは、普通は本人にポイントが貯まりますが、
その分をボランティア活動へ寄付するようなイメージです。

電子マネーの会社と提携すれば、出来るかも知れません。

(4)クレジットカードを利用する
大学がクレジットカードを発行している例もあります。

学生やOB、父母に大学発行のクレジットカードを持ってもらい、
何かの支払いに使うことで、母校にちょっと協力できる仕組みです。

ボランティア活動に導入しているところもあった気がします。

スポンサードリンク



スポンサードリンク