異なる種類のOS間でファイルを同期する方法とは?

パソコンを複数台持っている人は、ファイルを同期できると便利ですよね。

以前の記事でも書きましたが、
パソコンのバックアップを簡単にする方法とは?

クラウドコンピューティングを使うと、データのバックアップはもちろん、ファイルを同期することにも使えます。

クラウドコンピューティングとしては、

Dropbox(ドロップボックス)
SugarSync(シュガーシンク)

などが有名です。

実は異なるOS(オペレーティングシステム)間でも、ファイルを同期することは簡単です。

Windows、Linux、Mac、スマートフォンなどの間でも、ファイルの同期ができます。

私の場合は、WindowsとLinux間で、ファイルを同期しています。

以前はUSBメモリーを使ってファイルを同期していましたが、クラウドを使うようになると、もう昔には戻れません。

また自宅にあるパソコン同士や、遠く離れた会社のパソコンとも、ファイルを同期することができます。

クラウドコンピューティングでファイルをバックアップしたり、同期しておけば、

パソコンを買い換えた時に、データを移す手間が要らないのも便利です。

パソコンが突然壊れて、データを失う心配もありません。

人間はパソコンを使ったクリエイティブな作業に集中できます。

スポンサードリンク



スポンサードリンク