パソコンでパスワードやIDを安全に入力する方法とは?

パソコンを使っていると、パスワードIDを入力する機会が増えます。

インターネットを利用すると、いろんなWebサイトに、会員登録するからです。

でも、キーボードでパスワードやIDを入力する不安はありませんか?

パソコンがコンピューターウィルスに感染している場合、キーボードから入力したパスワードやIDが、盗み取られる可能性があります。

銀行や証券会社のWebサイトでは、セキュリティキーボード(またはセキュリティボード)が主流になってきました。

セキュリティキーボードは、仮想のキーボードで、コンピューターの画面上に表示されます。

普通のキーボードと違い、入力が盗まれることはありません。

しかし一般のWebサイトでは、まだまだキーボードからの入力が主流です。

実はセキュリティキーボードに対応していないWebサイトでも、パスワードやIDを安全に入力する方法があります。

例えば、ウイルスセキュリティZEROというウイルス対策ソフトには、いろんなツールが含まれています。



その一つが、バーチャルキーボードという機能です。

バーチャルキーボードは、キーボードを使用しなくても、仮想のキーボードで入力できるツールです。

銀行や証券会社のセキュリティキーボードは、Webブラウザ上で動作するので、そのWebサイトだけで有効です。

それに対し、バーチャルキーボードは、独立したソフトウェアとなっているので、何にでも使えます。

ウイルスセキュリティZEROには、その他にも、レジストリクリーナーやディスク最適化ツールなどがあり、とても便利です。

バーチャルキーボードに似た無料のソフトウェアを使っても良いのですが、
無料だと「大丈夫かな?」と逆に不安になるので、

私は有償ですが、低価格のウイルスセキュリティZEROを利用しています。

スポンサードリンク



スポンサードリンク