パソコンの動画をDVDに焼いて、テレビで見る方法とは?

インターネットでダウンロードした動画や、デジタルカメラで撮影した動画を、DVDに焼いてテレビで見れると便利です。

最近はDVDプレイヤー本体が、かなり安くなりました。
3000円を切る機種も多いです。

また、いろんな再生可能フォーマット(JPEG、MPEG1、MPEG2など)に対応しているDVDプレイヤー(プレーヤー)もあります。



DVDプレイヤーが対応しているフォーマットなら、パソコンの動画をそのままDVDメディアにコピーしても、再生できます。

しかしパソコンで利用されている動画フォーマットは、たくさんあります。

そのため、パソコン上のファイルを、そのままDVDにコピーしても、DVDプレイヤーで見れないことがあります。

そこで便利なのが、DVD Flick(ディーブイディーフリック)です。
DVD Flick

DVD Flickとは、フリーのDVDオーサリングツールです。

簡単に言うと、DVD Flickは、無料で使え、DVDが焼けるソフトウェアなわけです。

DVD FlickのWebサイトから、ダウンロードして、インストールすることができます。

DVD Flickの凄いところは、「ISOイメージファイル」も作成できることです。

パソコンの動画をISO形式のイメージファイルにしてしまえば、CDやDVDメディアに焼くことは、とても簡単です。

ISO形式のイメージファイルなら、DVDに焼けるフリーソフトウェアが、たくさんあります。

またDVDメディアも、かなり安くなりましたね。



なんとDVDメディア1枚あたり、16円を切っています。

これくらいの価格なら、気兼ねなく動画をDVDに焼けます。

動画をDVDにすれば、ポータブルDVDプレイヤーでも見れるし。



ポータブルDVDプレイヤーは、パソコンが無い移動先で便利です。

パソコンは持っていきにくいけれど、ポータブルDVDプレイヤーなら持っていける場合もありますよね。

例えばドライブとか、旅行とか。

安いDVDプレイヤーなら、無くしたり、壊れても、ダメージが少ないしw

それにポータブルDVDプレイヤーなら、いろんな電源が使えます。

このように、DVD Flickのようなソフトウェアは、便利なので、覚えておくと得ですよ。

スポンサードリンク



スポンサードリンク