自宅学習で、高校卒業資格を取る方法とは?

通信制高校を知っていますか?

通信制高校とは、自宅学習で、高校卒業資格が取れる学校のことです。

これまでのイメージとしては、不登校の学生や中退者の受け皿、何かの事情で高校に行けなかった人が学んだり、高卒認定をもらうために行く学校という感じですよね。

でも、テレビや雑誌を見て、そのイメージが大きく変わりました。

前向きで、ポジティブなイメージになりました。

「もっと多くの人が、通信制高校を選ぶ道もあるのでは?」と思いました。

自分の夢を叶えるために、あえて通信制高校を選択している学生がいるからです。

音楽やスポーツ、芸術、仕事をしながら学んでいる学生も多いようです。

海外で暮らしていても、日本の高卒認定が受けられる可能性やメリットもあります。

通信制高校としては、NHK学園が有名です。

そして有名人の中にも、通信制高校を卒業している人がいます。

「え!あの人も!」という感じです。

芸能人の卒業生も多いです。
女優の杉田かおるさんが卒業したのは有名な話ですよね。

他にもタレントで、現在現役の高校生もいます。

実は通信制高校は、全国各地にたくさんあります。

通信制高校を特集した本は、いろいろ出版されています。





通信制高校といっても、内容は様々です。

普通、通信制高校は、基本的に自宅で学習します。

そして課題のレポートを提出し、単位をもらいます。

あとは年に数回の登校日(スクーリング)があり、授業を受けます。

例えばレポートでもいろいろあり、昔ながらの紙に書いて送り、先生が添削して返す方法もあれば、

ケータイやスマートホンで、学習から課題提出まで出来る学校もあります。

登校日もいろいろです。
月数回の学校もあれば、年に1回だけという学校もあります。

0回もあるのかな?ちょっとわかりません。

また部活が盛んな通信制高校もあります。
陸上とかダンスとか、いろいろ。

私は普通高校の普通科を卒業しましたが、今振り返って考えると、
通信制高校でもよかったなと思います。

学校が授業に集中できる環境じゃなかったので、かえって自宅学習で自習のほうが良かったと思います。

部活もしていなかったし。

高校で新しくできた友達で、今でも付き合いのあるのは、1人だけだし。

私のようなタイプは、もしかしたら通信制高校が向いていたのかも。

最近、本で調べてみたら、私の母校でも通信制高校をやっていましたー
「知らなかった・・・」

知っていたら、通信制高校でよかったのに。

スポンサードリンク



スポンサードリンク