街中で、メモする用紙を簡単に手に入れる方法とは?

アイデアは、突然湧くものです。

そして思いついたアイデアは、すぐに忘れるものでもあります。

良いアイデアを忘れると、思い出せずに悔しいですよね。

だからメモすることが、とても重要です。

人はメモしないと、ほぼ忘れます。

アイデアに限らず、何事もメモしないと忘れます。

でも、いつもメモ帳やノートを持っているとは限りませんよね。

特に外出中は。

そこで便利なのが、お買い物の際にもらえる、レシート(明細・領収書)です。

スーパーやコンビニなどで、もらえますよね。

きっとあなたの財布の中にも、何枚かのレシートがあるはずです。

お店によっても違いますが、レシートの裏は、白紙になっていることが多いです。

だから要らないレシートは、メモ用紙に使えます。

私も、何かアイデアを思いついた時や、買い物リストなどを、
レシートに書き込み、財布の中に入れています。

そして家に帰ったら、もう不要になったレシートを、捨てます。

レシートは、ハサミで切りやすいサイズなので、
不要になった部分だけを、切って捨てることも可能です。

ではレシートが無い時は、どうするか?

わざわざ買い物をする必要はありません。

無い時は、電子マネーの端末で、レシートを入手できます。

お金をチャージした時に、レシートが印刷できますよね。

もしお金が無くても、例えばイオンなどで使えるWAONは、
過去の履歴を、レシートとして、長い紙に印刷してくれます。

これがメモ用紙として、とても便利です。

銀行のATMでもらえるレシートは、裏面が印刷されていることが多いですが、

ゆうちょ銀行のATM明細は、白紙なので、メモとして使えます。

ただし、ATMの機種によるかも知れませんが。

このように、街中ではメモ用紙を入手する方法が、いくらでもあります。

だから、ボールペンだけいつも持ち歩いていれば、メモで困ることはありません。

スポンサードリンク



スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。