大きな節税にもなり、個人でも年金や退職金を準備できる方法とは?

あなたは確定拠出年金のメリットを知っていますか?

0.4%の人だけが知っているそのメリットとは?

私は個人事業主、いわゆる自営業(フリーランス)で、自由気ままに生きていますが、

一番の心配は、老後に退職金が無いこと、会社員ほど年金が多くないことです。

会社員なら、国民年金以外にも厚生年金が、公務員なら共済年金があります。

自営業に定年は無いので、いきなり収入がゼロになることはありませんが、
退職金や年金をもらえる会社員が羨ましいです。

以前から漠然と、このように考えていました。

そしたら本屋さんで、以下の本を見つけました。


【送料無料】金融機関がぜったい教えたくない年利15%でふやす資産運用術 [ 竹川美奈子 ]

本のタイトルを見た時は、「投資の本かな?」と思って手に取ったのですが、

内容は、「確定拠出年金」による節税と資産運用の話でした。

確定拠出年金は、401kとか、個人DCとも言われているそうです。

確定拠出年金を使えば、個人でも退職金のかわりにしたり、年金として受け取ることも可能です。

しかも国が認めている制度ですから、積み立てたお金が、所得から全額控除できるので、
大きな節税になります。

積み立てられる金額には、限度額がありますが。

また、受け取る時にも、税制面で優遇措置があります。

節税だけを考えても、年利15%の効果があるようです。

今は低金利ですから、年利15%の金融商品なんて、なかなかありません。

条件が合う人なら、会社員で加入できるとか。

確定拠出年金は、国民年金基金を運営している組織が行なっているので、
信頼度も同じくらいと考えて良いかも。

国民年金基金連合会の個人型確定拠出年金
スルガ銀行の確定拠出年金

スポンサードリンク



スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。