ゆるくなったズボンやパンツのゴムを、たった100円で直すには?

ズボンやパンツを長期間使っていると、ウエスト部分のゴムが伸びきって、ゆるゆるになり、ダメになることってありますよね?

ズボンやパンツ自体は、まだまだ使えるんだけど・・・

お気に入りでもあるので、捨てたくはないし・・・

そんな時は、100円のゴムと、安全ピンで、直すことができます。

まず、パンツに入れるゴムを購入します。

パンツのゴム

専用のゴムは、100円ショップで入手できます。
サイズもいろいろあるので、確認してから購入してください。

安全ピンは、家にあるものか、なければ誰かからもらってください。
普通は無料、タダで入手できると思います。

また安全ピンは、ウエスト部分の穴に通すので、小さめのほうが良いでしょう。


次にゴムに安全ピンを刺します。

パンツのゴム

これで準備完了です。

普通は専用の針のようなものがあるのでしょうけれど。

あとは安全ピンをたよりに、ウエスト部分の穴に、ゴムを通します。

パンツのゴム

ゴムを通すというよりは、安全ピンを通す感覚で進めます。

ゴムは縫い合わせる必要もありません。

適当な長さに切って、結ぶだけで大丈夫です。

洗濯していくうちに、ゴムが縮むかもしれないので、少し余裕をもって長さを調節したほうがよいかも。

たった100円で、お気に入りのズボンやパンツが復活するので、おすすめです。

あと数年は物(モノ)の寿命が伸びますよ。経済的だし。

スポンサードリンク



スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。