パソコンのバックアップを簡単にする方法とは?

あなたはパソコンのバックアップを、まめにしていますか?

バックアップ(backup)とは、パソコンのデータを、あらかじめ複製(コピー)しておくことです。

コンピューターは、壊れたり、紛失したり、盗まれることもあります。

そんな時に、大事なデータを復元するために、バックアップが重要なわけです。

たとえバックアップしていたとしても、保存した段階までしか復元できないので、こまめなバックアップが大切になります。

しかし、こまめなバックアップが大切だと、頭ではわかっていても、毎日するのは結構面倒ですよね?

日常の忙しさで、つい「次にしよう」と思ってしまいます。

その油断が、まさかの時のトラブルをむかえてしまうことになるのです。

「バックアップしておけばよかった・・・」と。

後悔先に立たずですね。

そこで今回は、私が行なっているバックアップを簡単にする方法を紹介します。

私も以前は、定期的なバックアップに、かなり時間を取られていました。

でも今は、自動的に行なわれるので、ほとんど意識することがないくらいです。

私の場合、パソコンのデータは、

・外部に保存してもよいデータ
・外部に保存したくないデータ

があります。

前者の例は、ブログのデータです。

今書いているブログも、テキストファイルに保存しています。

もしブログのポータルサイトのサーバーが故障して、データが無くなっても、復元できるようにするためです。

ブログのデータですから、元々公開する予定で書いています。

だから外部に保存しておいてもよいわけです。

このような種類のデータは結構多いのですが、Dropboxのようなオンラインストレージを使っています。

Dropbox(ドロップボックス)

Dropboxは、パソコンに専用のフォルダを作成しておくと、オンライン上のサーバーに自動的にバックアップしてくれるサービスです。

Dropboxのアプリケーションを起動しておくだけで、ファイルを作成したり、変更した場合には、常に自動的にバックアップしてくれます。

またDropboxは、ファイルの共有や同期が可能です。

他の人とファイルを共有したり、異なるOS間でもファイルの同期が可能です。

私はWindowsとLinux間で同期しています。

さらにファイルの変更履歴から、元に戻すこともできるので、とても便利です。

2GBの容量までは、無料で使えます。
有料だと、50GB、100GBまで増やせます。

友人や知人を招待することで、250MB追加されるオプションもあります。(現時点では)

Dropboxは、専用のアプリケーションをパソコンにインストールするか、Webブラウザからでも利用できます。

Dropboxのようなオンラインストレージは、他にもたくさんあり、それぞれに特徴があります。

SugarSync(シュガーシンク)

も有名です。5GBまで無料で使えます。

あなたに合ったオンラインストレージを見つけると良いでしょう。

次は後者の外部に保存したくないデータのバックアップについてです。

メール、アイデア、企画書、メモなど、大事なデータがこれにあたります。

パソコンのハードディスクをレイド(RAID)にして、複数で同期をとってもよいのですが、

手軽なのは、USBやCD-R、DVDなどのメディア(記憶媒体)にコピーして、保管しておくことです。

最近はUSBやDVDもかなり安くなりました。

手動が面倒なら、自動的にバックアップしてくれるアプリケーションを使うとよいでしょう。

「バックアップソフト」で検索すると、たくさん出てきます。

このように、日頃からバックアップしておくことで、まさかの時のピンチに備えることができます。


スポンサードリンク



スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。