歯磨き前の糸ようじが効果的。

歯磨きの前に糸ようじで、歯間に詰まった食べかすを取り除くのが効果的です。

歯科で衛生士さんに歯磨きの仕方を教わると、普通は歯磨き後にデンタルフロスを使うことをすすめられます。

でも中高年になると、歯茎が下がり、歯間の隙間が大きくなるため、食べ物が歯に挟まることが多くなります。

すると歯ブラシ後にも、歯間から食べかすが出てくることがあります。

うがいすると、「えっ!どこに挟まっていたの?」と不思議に思うこともw

ということは、その部分の歯は、きちんと磨けていないということです。

歯ブラシがちゃんと当たっていないですから。

このように中高年になると、歯ブラシだけでは汚れが取れないわけです。

だから歯ブラシ前に、まずは糸ようじで歯間の食べかすを取り出してからにすると、ちゃんと磨けます。

糸ようじは百均ショップで、70本108円(税込み)で買えます。

1本にすると、1.5円ちょっとくらいです。

歯間の食べかすを取るのが目的なので、毎食後に1本も使えば十分です。

サッと短時間でできますし。

糸ようじは使い捨てできるので衛生的。

もちろん、歯間ブラシでもかまいませんよ。

ただし、銀歯の多い人は、糸ようじの使い方に注意点があります。

デンタルフロスや歯間ブラシは横に引き抜けますが、

糸ようじは入れた方向(上向き)に引き抜かなければなりません。

すると、銀歯と歯に隙間があると、糸が引っかかってしまうのです。

何度も無理に引き抜こうとすると、銀歯が取れてしまうことがあります。

そんな場合は、銀歯が取れそうなところだけでもデンタルフロスを使うほうが安心でしょう。

自分の歯は、できるだけ長く、大事に使いたいですよね。

特に奥歯は磨き残しが多く、虫歯になりやすい場所なので、

できれば子供の頃から、糸ようじやデンタルフロスを使いたいものです。

ps:
ちなみに銀歯と歯に隙間がある場合は、少し臭うようになるので自分でわかります。



病院の待ち時間は、マンガの持ち込みで楽しく過ごせる。

病院の待ち時間は、好きなマンガを持ち込むことで、楽しい時間に変わります。

そこで今回は、病院の待ち時間の過ごし方のコツについて紹介します。

病気の早期発見のためには、
気になったらすぐに病院に行くことが大事なのは、もちろん理解しています。

でも病院に行くのが億劫(面倒くさい)な理由の一つに、
受付をしてから医師に診察してもらうまでの待ち時間が、とても長いことがあります。

そう思うのは、きっと私だけではないはずw

人気がある病院だと、2時間待ちなどざらにありますよね。

私の場合は、定期的に2ヶ月に1度は皮膚科、半年に一度は歯科に通っています。

その間にも、体調によっては、内科や耳鼻科に行く必要があることも。

たまに病院の予定が重なると、一週間に数回、行かなければならないことがあります。

そうなると、やっぱり病院の待ち時間がもったいない。

病院のテレビは、患者さんみんなで見るものなので、見たいものは見られません。

ケータイ電話やスマートフォンは、利用を制限している病院では使えません。

「どうやって時間をつぶそうか?」

最初は病院の本棚に置かれている本や雑誌を読んでみたのですが、

医師の好みなのか、職員の好みなのかわかりませんが、ちょっと趣味が合いません。

だからすぐに読み飽きてしまいます。

次は図書館から借りたビジネス書を読んでいたのですが、
クリニックの待合室は意外と会話や物音でうるさいので、いまいち集中できません。

まじめな内容の本は、頭に入ってこないのです。

そこで最近は、病院に行く前にレンタルビデオ店のゲオ(GEO)に寄って、
好きなマンガを数冊借りてから行くことにしています。

マンガだと、自然に集中できるし、なんといっても没入感が凄く良いので、
時間が経つのを忘れるほどです。

「え!もうこんな時間なの?」
長い時間が短く感じられる程、あっという間に過ぎていきます。

看護師さんから名前を呼ばれると、
「もうちょっと読みたかったなー」と思うことがあるほどです。

漫画は単行本になっているので、それほど荷物にならないし、お店で袋ももらえます。

「今日は混みそうだな」と思ったら3冊くらい。

「空いていそうだな」と思ったら1冊だけとか。

診察までの待ち時間を予想して、借りる漫画の冊数を変えています。

マンガのレンタル代(税抜き)は、2泊3日で60円、一週間でも80円です。

もし、その日に病院で全部読めなくても、後日にでも返せるから便利です。

また待合室だけじゃなくて、

名前を呼ばれてから診察室に入る前のちょっとした時間、

診察を終えてからの会計までの時間、

薬局で薬をもらうまでの時間も、マンガを持っていると有意義に過ごせます。

マンガは長期連載されたシリーズ物がおすすめです。

私は病院の待ち時間だけで、いくつものシリーズを読み終えました。

例えば、投資に興味がある人には、ドラゴン桜で有名な三田紀房さんの「インベスターZ」などがおすすめ。

起業に興味がある人は、同じ作家の「マネーの拳」が面白いかも。

ちょっと感動したい、たまには泣いてみたい人には、
シティーハンターで有名な北条司さんの「エンジェルハート」なんかどうでしょうか。

大人でも涙腺がうるっときますよ。

最近、私がはまっているのが「七つの大罪」です。

画風は子供向けなんですが、大人が読んでも面白いストーリーです。

どちらにしても病院の待合室は、人が多いので、コミックを選ぶ時にはそこを意識してくださいね。

私は単行本化されたマンガを読むのは、病院だけでと決めているので、
今では次の予約が楽しみだったりします。

果物や野菜は台所用の洗剤で洗える。

果物や野菜は、台所用洗剤で洗うことができます。

果物や野菜の皮は、栄養豊富なので食べたほうが得だと記事に書きました。

でも農薬が心配な人もいますよね?

そんな時に便利なのが、台所用洗剤なのです。

ただし、洗剤裏の注意書きをよく読んでください。

用途に「野菜、果物」と書かれてあれば大丈夫です。

ほとんどの台所用洗剤は対応しているので使えます。

でも台所用洗剤の中には、食器洗い機専用の物もあるので、注意してください。

食洗器用は使えません。

ちなみに私は、リンゴやキウイフルーツを台所用洗剤で洗って食べています。

最初は軽く流水で洗った後に、洗剤でよく泡立て、また流水でしっかり濯いでいます。

もう長い期間、野菜や果物を洗剤で洗っていますが、体調は大丈夫ですよ。

毎年の住民健診でも良好なデータが出ていますしw

本当は無農薬野菜のほうがベストなのはわかっています。

でも実際には、お金がかかるし、継続してはなかなか買えないですからね。

普通に流通している野菜やフルーツを活用するのが現実的です。

なぜ台所用洗剤で野菜や果物が洗えるのか?

農薬が問題になった時に、洗剤で洗って食べるようにしていたからだとか。

若い世代はほとんどの人が知らないでしょうが、

もしかしたら高齢者は記憶にあるかも。

実は私もテレビ番組で知ったのですが、

実践してみたら良かったので記事として書いてみました。

果物の皮は栄養豊富なので食べたほうが得。

果物(くだもの)のは栄養が豊富なので、実は食べたほうがお得です。

フルーツは果肉より、皮のほうに有用成分が多く、栄養満点なことが多いからです。

甘い果肉は確かに美味しいですが、少し苦い皮のほうが体に良い。

昔から良薬は口に苦しとも言いますし。

有名なのがリンゴの皮です。

リンゴには抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれています。

特に皮の部分に多く含まれていることが分かっているのです。

果肉部分の数倍は皮にポリフェノールが多いと言われている程です。

普通、リンゴの皮は包丁でむいて食べるイメージですよね?

それ、もったいないですよ!

リンゴは皮ごと食べましょう。

そのほうが切るのも簡単だし。生ゴミも格段に減ります。

リンゴは美味しいから好きだけど、
わざわざ皮をむくのが面倒で、あまり食べていないという人も多いはず。

若い学生さんや、独身男性の多くはね。

皮ごと食べれば楽ちんだし誰でもできる。

しかも健康に良いなら、一石二鳥です。

ポリフェノール以外にも有効成分あるのでメリットはもっとかな。

皮ごとなら、リンゴを切るのはとても簡単です。

まず縦に真っ二つに切った後、さらに二つに切ります。

あとは芯の部分だけを包丁で切り取るだけです。

またキウイフルーツも皮ごと食べたほうが良いフルーツです。

葉酸やカリウムが豊富に含まれています。

日本人はキウイフルーツの皮をむいたり、

真っ二つに切って、スプーンで食べる人が多いですよね。

実は外国、特にキウイフルーツの本場のニュージーランドでは、

皮ごと食べるのが一般的なんです。

キウイフルーツの皮は毛が生えていて、
ゴワゴワしてとても食べられたもんじゃないというイメージがあります。

食べてみると意外と大丈夫ですよ。

確かに最初はちょっと抵抗があります。

皮には苦みがあるし。

でも慣れてくれば、皮ごとでも全然気になりませんよ。

その苦さこそが健康に良いと思えば。

ps:
果物だけじゃなく、野菜の中でも根菜類は、皮ごと食べたほうが良いものがあります。

ゴボウやニンジンなどが有名です。

よく洗ったら、最小限の皮だけむいて、できるだけ全部食べましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。