誰でも小説が書けるようになる方法とは?

小説を書いたり、作家になりたいと、人生で一度は思ったことありませんか?

芥川賞や直木賞をとって有名になり、売れっ子作家になり、ベストセラー本を出して、夢の印税生活に憧れたりとか(笑)

「私も小説を書いてみたいなー」

「でも才能無いし。」

「どうやって書けばいいのかわからない。」

大体こんな感じで、諦める人が多いと思います。

実は、誰でも小説が書ける、誰でも作家になる方法があります。

誰でも人生で、1つや2つは小説が書けると言われています。

実話や実体験を基にすれば、いくつかは書けるからです。

しかし、初心者がいきなり数百ページの長編小説を書くのは、壁が高いです。

そこで手順を踏んで、段階的に書いてみましょう。

まずストーリーは、大きく分けると、2つあります。
・脚色
・オリジナル

脚色とは、元々あるストーリーを、装飾、アレンジすることです。
オリジナルとは、独創的なもの、新たに書き下ろしたものです。

これを踏まえて、初心者が小説を書くステップは、こんな感じが簡単です。

脚色 → 短編小説(ショートショート) → 長編小説

初心者は、有名な物語を脚色してみることから始めると、簡単です。

まずは誰でも知っている、昔話や物語を脚色してみましょう。
例 もう一つの物語

慣れてきたら、ショートショート、短編小説に挑戦してみましょう。
例 超短編小説(ショートショート)

短編小説や長編小説は、実話や自分の経験を題材にすると、書きやすいです。

もちろん空想、妄想でもOKです。

ここまできたら、もう文章を書くことには慣れているはずです。

あとは登場人物のキャラ設定をしっかりやって、話の流れを考え、箇条書きにしてから、
小説を書くと、意外と簡単です。

せっかく小説を書くのですから、多くの人に読んでもらいたいですよね?

そんな時は、電子書籍(e-Book)がおすすめです。

電子書籍なら、無料でも有料でも公開できます。

しかもコストは0円です。
つまり誰でも無料で出版できます。

本が売れた時だけ、手数料を支払う仕組みになっています。

電子書籍は、いろいろあります。

誰でも出版できるものとしては、ブクログのパブーなどが有名です。
ブクログのパブー

最初は無料版で多くの読んでもらって、人気が出て、本気で書くなら、有料版も視野に入れると良いでしょう。

もし人気が出て有名になれば、本物の本を出せるかも。

まとめると、こんな感じです。

脚色 → 短編小説(ショートショート) → 長編小説(電子書籍 無料 or 有料) → 本

このように、段階的に書いていけば、誰でも小説は書けます。

とうとう誰でも作家になれる時代、チャンスが来たのです。

賞をとれるかどうか、売れるかどうかは、別の話ですがw





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。